ローカルからの再出発 - 宇野重規

ローカルからの再出発 宇野重規

Add: sixyb2 - Date: 2020-12-07 22:45:20 - Views: 7174 - Clicks: 2859

ローカルからの再出発 : 日本と福井のガバナンス 資料種別: 図書 責任表示: 宇野重規, 五百旗頭薫編 言語: 日本語 出版情報: 東京 : 有斐閣,. Local governance in Japan. ローカルからの再出発 : 日本と福井のガバナンス 宇野 重規. 宇野重規 (東京大学教授)・五百旗頭薫 (東京大学教授)/編.

「公と私の新たな境界線」 『ローカルからの再出発』第11章, 有斐閣, 宇野重規、五百旗頭薫, 年 「健康長寿県のつくり方 介護行政に携わる人々の希望」『希望学 あしたの向こうに 希望の福井、福井の希望』, 東京大学出版会, 東大社研・玄田有史. ケインズ『条約の改正』――「ケインズの政治学」を想像する) 東京大学出版会 年7月 失われた20年と日本研究のこれから = The lost two decades and the future of Japanese studies ; 失われた20年と日本社会の変容 = The lost two decades and. ローカルからの再出発 宇野重規, 五百旗頭薫 編 厳しさが増す財政状況の下、多様な主体間の連携や協働によって、地域の諸課題を解決し、公共サービスを提供しようとする「ローカル・ガバナンス」という概念が注目を集めている。. 序章 ローカルからの再出発 (宇野重規・五百旗頭薫) 第1部 ローカル・ガバナンス再考 第1章 ローカル・ガバナンスを問い直す - 近代日本の「地方自治」再考 (宇野) 第2章 地方治態の3要素 - 住民・区域・自治体 (金井利之). 宇野重規, 五百旗頭薫編. 8 形態: 268p : 挿図 ; 21cm 著者名:. 241-267、年。 出版社による紹介ページ Amazonのページ. しかし、政治学者・宇野重規氏は、このような神話化された歴史を見直す必要があると考えます。 重版連発の新刊『民主主義とは何か』から.

ローカルからの再出発: 宇野重規, 五百旗頭薫 編: 有斐閣:. 宇野重規 ほか 著 ; 桐光学園, ちくまプリマー新書編集部編. 年 (共著)五百旗頭薫・佐藤健太郎「港から原発へ――“ロカロカ”敦賀のガバナンス」(宇野重規・五百旗頭薫編『ローカルからの再出発―日本と福井のガバナンス』、有斐閣). Book ローカルからの再出発―日本と福井のガバナンス(「ローカル・ガバナンスを問い直すー近代日本の「地方自治」再考」) Author(s) 宇野重規編、五百旗頭薫編、金井利之、林知更、伊藤正次、砂原庸介、井手英策、谷聖美、松井望、荒見玲子. 宇野, 重規(1967-), 五百旗頭, 薫(1974-), 金井, 利之, 林, 知更, 伊藤, 正次(1972-), 砂原, … 有斐閣 12 図書 地方創生の正体 : なぜ地域政策は失敗するのか.

ウノ シゲキ (Shigeki Uno) 更新日: /07/11. ローカルからの再出発 第1部 ローカル・ガバナンス再考(ローカル・ガバナンスを問い直す―近代日本の「地方自治」再考;地方治態の3要素―住民・区域・自治体;連邦・自治・デモクラシー―憲法学の観点から;多機関連携としてのローカル・ガバナンス―就労支援行政における可能性. 10 ちくまプリマー新書 307. 第22回は、 宇野重規・五百旗頭薫 編『ローカルからの再出発 日本と福井のガバナンス』(有斐閣 年1月) をご紹介します。 目次詳細はこちらへ 関連書籍. ローカルからの再出発 日本と福井のガバナンス/宇野 重規/五百旗頭 薫(社会・時事・政治・行政) - 地方から考える、日本社会の未来像。 働きやすく、暮らしやすい県として注目を集める福井県の事例を中心に、多様な主体間の連携や協働により公共サー. 宇野重規・五百旗頭薫編『ローカルからの再出発―日本と福井のガバナンス』(有斐閣、年)。 五百旗頭薫『条約改正史――法権回復への展望とナショナリズム』(有斐閣、年)。. ローカルからの再出発--日本と福井の.

4: 日本政治史の新地平. 宇野 重規(担当:分担執筆, 範囲:j. 宇野重規、五百旗頭薫編、『ローカルからの再出発 日本と福井のガバナンス』、有斐閣、第11章、pp. Amazonで宇野 重規, 五百旗頭 薫のローカルからの再出発--日本と福井のガバナンス。アマゾンならポイント還元本が多数。宇野 重規, 五百旗頭 薫作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. 自治制度について再検討されたのち、行 政学・憲法学の各分野から「ローカル・ ガバナンス」あるいは「地方自治」に関 【書評1】 宇野 重規・五百旗頭 薫 編 『ローカルからの再出発 日本と福井のガバナンス』 (有斐閣、年) ローカルからの再出発 - 宇野重規 稲垣 浩.

1: 大飯原子力発電所はこうしてできた: 永井學 語り手 ; 金井利之, 五百旗頭薫, 荒見玲子 聞き手: 公人社:. 4: 歴史のなかの日本政治: 北岡伸一 監修: 中央公論新社:. ローカルからの再出発 : 日本と福井のガバナンス.

ローカルからの再出発: 宇野重規, 五百旗頭薫 執筆 ローカル・ガバナンスを問い直す : 近代日本の「地方自治」再考: 宇野重規 執筆 地方治態の3要素 : 住民・区域・自治体: 金井利之 執筆 連邦・自治・デモクラシー : 憲法学の観点から: 林知更 執筆. ローカルからの再出発―日本と福井のガバナンス 単行本の通販ならヨドバシカメラの公式サイト「ヨドバシ. 検索結果 52 のうち 1-16件 本: 宇野重規. 『ローカルからの再出発--日本と福井のガバナンス』(宇野 重規) のみんなのレビュー・感想ページです(3レビュー)。作品紹介・あらすじ:厳しさが増す財政状況の下、多様な主体間の連携や協働によって、地域の諸課題を解決し、公共サービスを提供しようとする「ローカル・ガバナンス」と. 自治と参加・協働 : ローカル・ガバナンスの再構築 フォーマット: 図書 責任表示: 羽貝正美編著 ; 玉野和志 ほか 著 言語: 日本語 出版情報: 京都 : 学芸出版社,.

筑摩書房. 図書 ローカルからの再出発―日本と福井のガバナンス 著者名/発表者名 宇野重規、金井利之、林知更、伊藤正次、砂原庸介、五百旗頭薫、井手英策、谷聖美、松井望、荒見玲子、上神貴佳、宮崎雅人、佐藤健太郎、稲吉晃. 1 形態: xii, 344p ; 22cm 著者名:. Amazonで宇野 重規, 五百旗頭 薫のローカルからの再出発--日本と福井のガバナンス。アマゾンならポイント還元本が多数。宇野 重規, 五百旗頭 薫作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。. ローカルからの再出発--日本と福井のガバナンス isbn:宇野 重規 参考価格 4,400円.

『ローカルからの再出発—日本と福井のガバナンス』(五百旗頭薫と共編)有斐閣, 年1月, 344頁. ローカルからの再出発 第1部 ローカル・ガバナンス再考(ローカル・ガバナンスを問い直す―近代日本の「地方自治」再考;地方治態の3要素―住民・区域・自治体;連邦・自治・デモクラシー―憲法学の観点から;多機関連携としてのローカル・ガバナンス. 第22回は宇野重規・五百旗頭薫編 『ローカルからの再出発 日本と福井のガバナンス』を紹介しております。 年09月11日 16:00 ISS Webmaster. 8 形態: 268p : 挿図 ; 21cm 著者名: ローカルからの再出発 - 日本と福井のガバナンス - 宇野重規 - 本の購入は楽天ブックスで。全品送料無料!購入毎に「楽天ポイント」が貯まってお得!. 「ローカル・ガバナンスを問い直す—近代日本の「地方自治」再考」宇野重規・五百旗頭薫編『ローカルからの再出発—日本と福井のガバナンス』有斐閣.

序章 ローカルからの再出発(宇野重規・五百旗頭薫) 第1部 ローカル・ガバナンス再考 第1章 ローカル・ガバナンスを問い直す─近代日本の「地方自治」再考(宇野) 第2章 地方治態の3要素─住民・区域・自治体(金井利之). 書評「宇野重規・五百旗頭薫編『ローカルからの再出発 日本と福井のガバナンス』(有斐閣、年)」(/03/18) 『次世代への挑戦 -法学部半世紀の伝統を糧に―』(/03/15). 年1月刊 a5判並製カバー付 , 350ページ 定価 4,320円(本体 4,000円) isbn.

ローカル カラノ サイシュッパツ : ニホン ト フクイ ノ ガバナンス. 主な検索結果をスキップする Amazonプライム. 続・中学生からの大学講義||ゾク・チュウガクセイ カラノ ダイガク コウギ ; 3. 宇野重規 ローカルからの再出発 日本と福井のガバナンス : 宇野重規 | HMV&BOOKS online本サイトはJavaScriptを有効にしてご覧ください。.

ローカルからの再出発 - 宇野重規

email: xidusizo@gmail.com - phone:(163) 636-1338 x 6466

うつ病 - 中根允文 - 公務員試験社会科学 資格試験研究会

-> 鳥がいて人間がいて - 椿原頌子
-> 英語ができる人の辞書の使い方 - 石原真弓

ローカルからの再出発 - 宇野重規 - 冬木弘道 理不尽大王の高笑い


Sitemap 1

浜田市1 2005 - リリカル 藤峰ゆき